●校歌・応援歌

栄光の立教(校歌) 行け立教健児 St. Paul's Will Shine Tonight

校歌:『栄光の立教』

1921(大正10)年、本学が東京大学野球連盟に加盟したのを
きっかけに作られたのが校歌「栄光の立教」。作詞は当時の
学長事務取扱・杉浦貞二郎氏が、立教中学校教諭の諸星寅一
氏に依頼。できあがった歌詞の各節末尾に、杉浦学長の発案
で“自由の学府”を加えるなどして完成した。それに東京音
楽学校(現・東京芸術大学)教授の島崎赤太郎氏が曲をつけ、
1926年の卒業式で初めて公に歌われた。
↑TOPへ戻る↑

栄光の立教(校歌) 行け立教健児 St. Paul's Will Shine Tonight

第一応援歌:『行け立教健児』

作詞者の小藤武門氏は1948年卒業のOB。応援団に入った
ばかりの氏は、当時の草壁哲雄団長(応援歌「栄光立教」の
作詞者)から、新しい応援歌を作るようにとの依頼を受けた。
しかし、曲作りも戦争でいったん中断。
復員後、本学を卒業した小藤氏は仕事の傍ら再び曲の制作
に取り組み、作曲家・土橋啓二氏の尽力を得て、6年ぶりに
完成をみたのがこの「行け立教健児」である。
↑TOPへ戻る↑

栄光の立教(校歌) 行け立教健児 St. Paul's Will Shine Tonight

第二応援歌:『St. Paul's Will Shine Tonight』

 1927(昭和2)年、アメリカ合衆国カリフォルニア州のセミプロ
チーム「フレスノ野球団」が来日。バスケットボールもこなす
このチームは本学のバスケットボール部と親善試合を行った。
その際のティーパーティーの席上で、フレスノ側がアメリカで
古くから歌われていた「Our Boys Will Shine Tonight」を素と
する「フレスノ・ウィル・シャイン」を「リッキョー・ウィル・シャイン」
ともじって歌ってくれた。それをその後バスケットボール部員が
歌い継ぎ、「リッキョー」が「セントポール」と変化し、大学の
応援歌となっていった。
↑TOPへ戻る↑
↑TOPへ戻る↑
----- SUGINAMI RIKKYO KAI :::::: All Rights Reserved :::::: ヘルプ プライバシーポリシー-----